ブランドコンセプト

1980年代初頭、日本では空前の
ダイビングブームが巻き起こります。

それと同時に求められたのが、
本格的なギアの登場でした。

そうしたニーズに応えるため、1983年にキヌガワグループのスタッフ数名によって 新たに立ち上げられたブランド。それがGULLです。英語で「カモメ」を意味するこのブランドは、 シンプルで無駄のないデザインをポリシーとしています。
GULLというブランドを語るうえで欠かせないのが、2眼レンズマスクの「MANTIS」です。 GULLはMANTISを世界に通用するマスクへと押し上げ、その成長を育みました。 いまやMANTISは、GULLの代名詞ともいえるロングセラー商品になっています。
GULLが誕生させたもう1つのロングセラー商品。それがゴム製のフィン「MEW」です。 ユーザー目線にとことん立って開発したMEWは素足で履けることも評判となり、 ビギナーはもちろん多くのインストラクターが愛用。現在でも不動の人気を誇っています。
60年という歴史に裏打ちされたテクノロジーとアイデアを余すことなく注ぎ込み、 MANTISやMEWといった人気商品を育ててきたGULL。 その存在は、いつしか日本のダイビングシーンを牽引するようになっていきます。
これまで培ってきた伝統を次世代に受け渡したい。 もう一度自分たちの情熱を傾け、妥協なき製品づくりをおこないたい。 そうした考えのもと2006年に新たに立ち上げたブランドが、Gシリーズです。 「本物を求める人たちに最高品質をお届けする」 その想いを胸に、ダイビングに精通したエキスパートたちに向けて商品づくりをおこなっていきます。 たとえば世界最長のゴムフィン「Barracuda」や、塗装フレームを採用した「MANTIS LV」など、 素材と設計にこだわったアイテムを次々とリリース。 革新的な技術と独創的なデザイン性を兼ね備える成熟度の高い製品は、使う人に大きな感動を呼び、 瞬く間にプロダイバーのトップブランドとして認められることとなりました。
これからも世界から品質の高さを評価され、余裕を感じさせるブランドであり続けるために。 革新的なアイデアと技術を駆使し、手に取る人たちに感動を与える製品づくりに取り組んでいきます。

バイオマージシステム

あなたのすべてのニーズを
満たします

スノーケルやダイビングを安全に行うためには、自分が利用できる中で一番いい道具と、自分が行うダイビングのそれぞれのタイプに合った正しい装備が必要です。GULLダイビングには研究開発の長い歴史があり、デザインと高い品質の装備をつくる中で、今なおリーダーで有り続けています。1955年の設立以来、GULLダイビングは、皆さまがダイビングを安全かつスタイリッシュに楽しめるよう前進し続けます。
海の訪問者である私たちの体は、水中環境に対する保護と順応性を必要とします。GULLは体を保護する上質なラインを開発し、これを「バイオマージシステム」と呼んでいます。自社工場で開発された高い技術による軽いゴムを使い、水中のダイバーを頭からつま先まで守るため、私たちは第二の皮膚と言える製品を生み出しました。